世界クジラ戦争 Epub無料

世界クジラ戦争

04/02/2020 17:35:09, , 小松 正之


平均的な顧客フィードバック : 3.7 5つ星のうち(5人の読者)
ファイルサイズ : 27.06 MB

世界クジラ戦争 Epub無料 - 内容紹介 「アメリカよ、俺に喋らせろ!」──欧米「反捕鯨」連合の行く手に立ちふさがった日本の水産官僚、ひと呼んで「ミスター捕鯨」の執念と心意気。その不撓不屈の敢闘精神ゆえに欧米諸国からタフ・ネゴーシエイターとして恐れられた、IWC(国際捕鯨委員会)日本副代表の痛快無比な「戦闘記録」。著者は1992年から2005年まで、13年の長きにわたって日本の捕鯨外交の中軸として活躍した人物。欧米一流の外交攻勢に一度は惨敗を喫したものの、捕鯨同盟国をまとめあげ、理論武装を充実し、交渉方針を一変して、ついに南氷洋と北西太平洋の「調査捕鯨」を、日本固有の権利として認めさせた。その豪腕ぶりは、外務省をして「小松さんの外交手法を若手に学ばせたい」とまでいわしめる。「シー・シェパード騒動」や「大西洋クロマグロの漁獲禁止問題」に右往左往するだけの日本外交のていたらくに絶望している諸兄に、ぜひ本書の一読をお勧めします。 内容(「BOOK」データベースより) アメリカよ、俺に喋らせろ!欧米「反捕鯨」連合の行く手に立ちふさがった日本の水産官僚、ひと呼んで「ミスター捕鯨」の執念と心意気。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 小松/正之 昭和28年(1953)岩手県陸前高田市生まれ。52年(1977)農林水産省入省。水産庁において日米漁業交渉、FAO(国連食糧農業機関)、IWC(国際捕鯨委員会)、CITES(ワシントン条約締約国会議)、ミナミマグロ保存条約などを担当。2001年~2003年FAO水産委員会議長。漁場資源課長を経て、平成17年(2005)水産総合研究センター理事に出向。19年(2007)退職。現在、政策研究大学院大学教授(リーダーシップ論)。米国エール大学経営学修士号取得、東京大学農学博士号取得。1992年イタリア共和国功労勲章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 続きを見る

以下は、世界クジラ戦争に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
IWCにおける日本の顔といえば、著者の小松氏であろう。日本の外交において、これほど一貫性を持ち、外人と堂々と渡り合う官僚を見たことが無かった。本書は、小松氏が関わったFAOやIWCにおける交渉の過程に力点を起き、国内外を巻き込んでどのように世界で戦ったかの記録である。また、その記録は同時に、どのような行動が対立者と信頼関係を築き、国内の利害調整をするかという重要な事例である。見本である。後半には、日本における外交全般の妥協を重ねる態度、事なかれ主義、合意することを主眼とする外交がもたらす国家や組織の危機、リーダーシップ論が語られる。捕鯨反対派の方であっても、別の問題では外国と利害の衝突が起こるであろうから、その時の交渉術として本書を読むことは損にはならないはずだ。ただし、IWCの欺瞞性や捕鯨問題全般に関しては別の本が良いだろう。また、IWC会議での特有の表現があり、慣れないと読みにくいところもあるが、これは致し方ないだろう。

世界クジラ戦争の表紙

de

3.7 5つ星のうち 5 人の読者

世界クジラ戦争.pdf

多くの人々はこれらの本をPDF形式で[ダウンロード]本タイトルをダウンロードしたり、無料の本を入手するためにタイトル本電子ブックPDFをダウンロードしたりするなど、いくつかのクエリで検索エンジンでこれらの本を検索しようとします。 検索クエリでより良い結果を得るには、検索クエリ 世界クジラ戦争 Download eBook Pdf e Epub または Download 世界クジラ戦争 PDF を使用することをお勧めします。